archetype* blogイノベーション組織 事例研究11:Aimforthemoon

イノベーション組織 事例研究11:Aimforthemoon

オランダ アムステルダムのスタートアップスタジオ「Aimforthemoon」

今回ご紹介するのは、オランダ アムステルダムにあるスタートアップスタジオ「Aimforthemoon」です。スタートアップスタジオについては、以前紹介した「AXA Kamet Ventures」で説明していますので、そちらをぜひご覧ください。

Aimforthemoonは2013年に元経営コンサルタントのNiek Karsmakers氏によって設立されました。Niek氏は、コンサルタントとしてのキャリアの中で「大企業は事業をスケールさせるために十分なリソースを持っているが、事業をゼロから作り出し、ローンチさせられる人材は少ない」という現状を知りました。そこで、優秀な起業家と大企業を結びつけ新規事業を創出するため、スタートアップスタジオであるAimforthemoonを設立しました。 Aimforthemoonではスタートアップ並みの速さで事業創出を行うために、リーンスタートアップアプローチを用い、10ヶ月という短期間でのビジネス創出を目指します。

Aimforthemoonには最低でも5〜10年のビジネス創出経験を持つ人材が所属しており、同社もその人材の質の高さを強調しています。また、デザイナーやエンジニアなどの開発メンバーは所属しておらず、戦略、事業開発に注力したチームとなっています。

公式ページのトラックレコードには、これまでに77の企業と237の起業家を結びつけ、163のチーム、19のビジネスを作ったと記載されています。実績数はスタートアップスタジオの中でも多く、過去に連携した企業の中にはMicrosoftやシーメンス、ハイネケンなど誰もが知る企業も含まれています。

事業創出プロセス

Aimforthemoonでは、事業創出のプロセスを「SCAN」「SPRINT」「BUILD」「LAUNCH」の4段階に定義しています。

「SCAN」フェーズでは企業側のイノベーションチームと、ビジネス創出経験が豊富なAimforthemoonメンバーとのマッチングを行い、合同チームを組成。チーム内で顧客が抱える課題や、そのソリューションを思考します。 そこで決定されたアイデアを元に、「SPRINT」フェーズにてリーンにプロトタイプを開発します。その後、プロトタイプを用いた顧客検証を行い、製品版の開発に進むか判断します。 市場から十分な反応が得られると、「BUILD」フェーズに移行し、プロダクトを開発していくことになります。Aimforthemoonのメンバーにはイノベーターやマーケター、グロースエキスパートなどが揃っている一方、エンジニアなどは存在していないため、おそらく戦略策定をAimforthemoonが、実行をクライアント企業やパートナー企業が行っていると思われます。

そして出来上がったプロダクトは、「LAUNCH」フェーズにて実際にマーケティング、グロースが行われます。マーケティングもグロースもAimforthemoon内に所属するスペシャリストが主導します。

ちなみに、クライアントの既存事業、規則、社内政治などの影響を避け、ハイスピードで事業開発するために、ミーティングや作業の大半はクライアント企業から離れて行われます。

また、Aimforthemoonは上述のスタートアップスタジオ以外に、より短期のサービスを提供しており、1日のワークショップである「Workshop」、1週間かけてプロトタイプ開発まで行う「Design Sprint」、顧客検証まで含めた数ヶ月のプログラム「Startup as a Service」があります。

創出された事業

2013年の創業以来、19のビジネスが創出されています。また、新たなビジネスを立ち上げるだけでなく、クライアント社内のイノベーティブな文化形成にも貢献しています。

THORMAS (Eriksとの共創)

Eriksは、主に工具の卸売を行う企業。今回の共創で工具のプライベートブランド「THORMAS」を新たに立ち上げることに成功。

Independer

Independerは、保険比較サイトを運営する企業。Aimforthemoonとの共創でエネルギー供給業社の比較プラットフォームや、オンラインでの年金に関するアドバイザリー業務を新たに開始。

イノベーション組織マッピング

Aimforthemoonのアウトプット事例は大企業の既存事業に近いものが多いことから、事業ドメインは比較的大企業側の既存ドメインに近いと言えるでしょう。

また、Aimforthemoonが持つ起業家人材と、大企業のイノベーション担当の人材、パートナー企業が共同で開発しているため、オープンな環境だといえます。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回はオランダのスタートアップスタジオ「Aimforthemoon」を紹介しました。

クライアントのニーズに合わせて、1日のワークショップから、年単位のスタートアップスタジオまで幅広くサービス提供していることが特徴と言えます。 今回はオランダの企業でしたが、アメリカ以外でも各国でスタートアップスタジオが実績を産みはじめているようです。

     
一覧に戻る